Exhibition

Inoue Takehiko – Entrance Space Project #1

Takehiko Inoue drew a piece using brushes and black sumi ink specially for the public exhibition at the entrance of the Museum of Contemporary Art Tokyo. The theme of the piece will be “Vagabond”, a story currently running in the magazine Weekly Morning. Inoue will draw a gigantic piece which will exceed by a long way the three-meter high piece exhibited in “Inoue Takehiko: The Last Manga Exhibition”, the much-talked-about exhibition held in the Ueno Royal Museum in 2008 that is still touring around Japan today.

Schedule
Saturday, October 31, 2009 – Sunday, June 6, 2010
Closed on Mondays
Open Hours 10:00 – 18:00

Venue
Museum of Contemporary Art Tokyo, Entrance Hall

Organizers
Tokyo Metropolitan Government, Museum of Contemporary Art Tokyo, Tokyo Culture Creation Project Office (Tokyo Metropolitan Foundation for History and Culture)

Admission Free

 
 
 
東京都現代美術館
井上雄彦 エントランス・スペース・プロジェクト《ガシュウ君とぼく》

2008年初夏に上野の森美術館で開催された「井上雄彦 最後のマンガ展」の好評を受け、
東京都現代美術館より依頼された作品。
マンガ展同様、和紙を貼った巨大パネルに 墨と筆で直接描き下ろした。

井上雄彦《ガシュウ君とぼく》は、東京文化発信プロジェクト事業の一環として制作され、井上の作品としてはこれまでで最大のものとなります。2008年に開催された「井上雄彦 最後のマンガ展」(上野の森美術館他巡回)では、空間を大胆に構成し物語を描き下ろした展示が話題となりましたが、今回はその大きさと暗示的な内容により、同展とは異なる実験的な作品となっています。

描かれているのは、現在も執筆中のコミック「バガボンド」の主人公である宮本武蔵。有名無名の武芸者に闘いを挑み、相手を倒すことで強くあろうとする武蔵の葛藤が映し出されています。また、大型の壁画に至るまでには絵とセリフが描かれた14枚のスタンド型パネルやバナーを配し、井上は武蔵の心象をより明確に浮かび上がらせました。これは、作品はあくまでマンガであるという井上ならではの空間構成です。

壁画は、和紙を貼ったパネルに墨と筆、刷毛によって描かれています。高さ7.4m、幅6mにも及ぶため、作画中はパネルを床面に設置し、井上はその上に乗り描いています。また、制作中は、天井に設置したカメラによって撮影された映像をモニターで見る以外には全景を確認する手だてはなく、広大な和紙の上に、身体的な感覚を頼りに武蔵の全身像を描き上げました。

井上雄彦は、国際的な注目を集める日本マンガ界を代表するひとりであるとともに、卓越した技量によって伝統的美意識を新たな形で体現する作家です。エントランス・スペースに展開する大胆さと繊細さを併せ持つ壮大なスケールの作品によって、現代における日本絵画の可能性の豊かさ、力強さを感じ取っていただければ幸いです。

 

会期 2009年10月31日(土)~2010年6月20日(日)
休館日 月曜日

開館時間  10:00~18:00(入場は閉館の30分前まで)

会場 東京都現代美術館 エントランス

観覧料 無料

主催 東京都/東京都現代美術館・東京文化発信プロジェクト室
(財団法人東京都歴史文化財団)

 
 
0:03 – 2009.年10月27日 24時

0:07 – 東京都現代美術館

0:33 – これ乗って大丈夫ですか?

0:39 – 描けないって言ったらどうします?

0:44 – これ普通描けないよ…

0:52 – 手に負えないぞ…

1:43 – 2009.10.28

2:26 – タフな感じの和紙なので
          ガシャガシャやっても大丈夫

3:55 – 永遠に描けますよ

3:58 – 楽しいですけど…今キツかった

4:11 – 2009.10.29

4:51 – どきどきしました

6:13 – 2009.10.30

6:16 – 150キロとかあるですか?

6:52 – それまで上に乗っかって描いていた絵と、初めて正対した
          不思議な気持ちだった

6:59 – 何せ引きで見ることができなかったのだから
          必ず手 直しをしなくてはならない箇所があるだろうとおもっとぃたが
          (実際頭でそう考えた箇所はあったが)、

7:08 – 立てた絵はそれ以後もう僕が手を入れるべきものではないように見えた
          すでに僕のものではないような気がした

7:18 – 思えばこれを描いている間中、ほとんど心がとがることがなかった

7:26 – 描き終えて、不思議なほど「自分で成し遂げた」という感じがない

7:33 – またまた貴重な経験をさせていただきまして有り難うございます
          井上雄彦
          2009.11.05

 
 
 
0:03 – 2009.10.27 เที่ยงคืน
0:07 – Museum of Contemporary Art Tokyo

0:33 – ขึ้นไปเหยียบได้ ไม่เป็นไรใช่ไหมครับ ?

0:39 – ถ้าบอกว่าวาดไม่ได้ล่ะ จะทำอย่างไรครับ ? (หัวเราะ)

0:44 – ปกติแล้วนี่วาดไม่ได้หรอก

0:52 – รับมือยากนะเนี่ย…

1:43 – 2009.10.28

2:26 – รู้สึกได้ว่าเป็นกระดาษญี่ปุ่นที่มีเนื้อทนทาน
            ใช้กำลังปาดๆไปก็ไม่เป็นไร

3:55 – ก็วาดได้เรื่อยๆครับ

3:58 – สนุกดีครับ…แต่ตอนนี้เหนื่อยแล้วล่ะ (หัวเราะ)

4:11 – 2009.10.29

4:51 – ใจเต้นตุ้มๆต่อมเลยทีเดียว

6:13 – 2009.10.30

6:16 – หนักราวๆร้อยห้าสิบกิโลเหรอครับเนี่ย ?

6:52 – เป็นครั้งแรกที่ขณะวาดขึ้นไปวาดตามแนวนอน พอวาดเสร็จแล้วค่อยเอามาตั้งฉากกับพื้น
            ได้ความรู้สึกที่ประหลาดอย่างบอกไม่ถูก

6:59 – เพราะไม่สามารถมองด้านหน้าตรงๆได้
            เลยคิดว่าจะต้องมีส่วนที่จะต้องปรับแต่งอีกแน่
            (จริงๆแล้วมีจุดที่กะว่าจะแก้อยู่แล้วด้วย)

7:08 – แต่พอเอารูปตั้งฉากขึ้น ดูเหมือนว่าผมไม่ควรที่จะเข้าไปยุ่งอะไรอีกแล้ว
            รู้สึกได้ว่ามันไม่ใช่ของผมอีกต่อไป

7:18 – มานึกดูในระหว่างการวาด แทบจะไม่มีช่วงที่ไม่พอใจเลย

7:26 – เกิดความรู้สึกที่ประหลาดเมื่อวาดเสร็จแล้ว ไม่รู้สึกเลยว่า “ตัวเองเป็นผู้ที่ทำให้สำเร็จลุล่วง”

7:33 – ขอบคุณมากครับที่ทำให้ผมได้รับประสบการณ์อันล้ำค่าอีกครั้ง
            อิโนอุเอะ ทาเคฮิโกะ
            2009.11.05

 
 

original photos from Suzuki Yasuo

2 Comments

  • Gowentgone English

    1

    พ่อมึง โคตรแหล่มเลยย ชอบบบบบบบบบบ โคตรๆ ฮือๆๆ นับถือสุดๆ

  • Tawan Chuntra

    2

    nax คงสบายดีนะ ที่นี่วุ่นวายมากๆๆ

Leave a reply