nax : blog

11.11.11

11.11.11 11:11 (JST)

Read more...

regain life…

over 1yrs with no update... Your coming, friends, revives me...       โอ้ว... ปล่อยให้บล็อกร้างไปปีกว่า... ไม่ได้ ไม่ยอม...ค่อยๆเดินต่อไปละกัน...

Read more...

Inoue Takehiko – Entrance Space Project #2

Entrance Space Project

#1 小さなぼくは ふるふる たるたるの ふにゃふにゃで もっとつよくならなくちゃとあせった   #2 おや なんかつよくなってきたかも   #3 みなおれにちかづかなくなった おれさまがつよいからだ いいぞ   #4 おとなをきりころした ひとり、ふたり、三人、   #5 ときどきばつがわるい   #6 おれにかてるあいてはいない おれはつよい どんどん大きくなる だれよりつよくなる  ...

Read more...

Inoue Takehiko – Entrance Space Project #1

Entrance Space Project

Takehiko Inoue drew a piece using brushes and black sumi ink specially for the public exhibition at the entrance of the Museum of Contemporary Art Tokyo. The theme of the piece will be "Vagabond", a story currently running in the magazine Weekly Morning. Inoue will draw a gigantic piece which will exceed by a long way the three-meter high piece exhibited in "Inoue Takehiko: The Last Manga Exhibition", the much-talked-about exhibition held in the Ueno Royal Museum in 2008 that is still touring around Japan today. Schedule Saturday, October 31, 2009 - Sunday, June 6, 2010 Closed on Mondays Open...

Read more...

Vagabond will end within this year 2010

Suntory Museum

Inoue Takehiko declared on his website that he will end his Vagabond manga within this year.       『バガボンド』連載終了の告知は10年1月2日付けで公式サイトに書かれた。ファンに対する年賀の挨拶と、10年のスケジュールや目標などとともにこう宣言した。 -------------------- 2010年になりました。皆様明けましておめでとうございます。 今、大阪は天保山サントリーミュージアムのスタッフルームの中でぽつねんとひとりこれを書いています。「最後のマンガ展」はおかげさまで本日無事開幕を迎えることが出来ました。12月も後半に入ってからはこの展示の準備に明け暮れておりました。スタッフの方々には貴重なお休みに休日返上、元日返上で頑張っていただき、感謝でいっぱいであります。上野から熊本からも援軍に来ていただき非常に心強く、ただ感謝あるのみであります。本当に皆さん、あとーんす。 そもそも空間が違い、大阪のために描き下ろした絵もあり(どれがそれかは見てみてくだされ)、上野とも熊本ともまた違う空間が出来上がっていると思います。最終的に初日の朝5時に完成!(またそんなことに・・) 来場された方々はどんなご感想を持たれるでしょうか、どきどきしつつも今から楽しみです。 開幕を見届けて、初日の様子を見て微調整が必要な箇所は今晩調整をして(もうすでにそんな箇所が浮上、つくづくマンガ展は生き物です)戻ります。少し休んでから1月下旬発売号からの連載再開に備えます。  ...

Read more...

BRUTUS Special Issue – Inoue Takehiko #2

BRUTUS #642 - p028 p029

描く、描く、食べる、描く、寝る。 100枚斬り!のアトリエ血風録。 服に散るのは赤い血糊でなく黒い墨。アトリエでは息もつけない激闘が続く。 展覧会スタートまで約2週間を残すばかりのアトリエは、すでに「非常事態宣言」の発令下にある。通常、井上雄彦の1日スケジュールは、朝7時半頃に起床、朝食を済ませた後、9時頃にアトリエに入り、作画作業を始める。夜は一度帰宅して夕食。21時~22時くらいに再びアトリエに戻ると「眠くなるまで仕事」。しかし修羅場モードに突入したら最後、「ひたすら描く。それ以外にない」。起きている間は食事を除いて作画に没頭、自宅に帰ることもままならない。そんな状況にあって、最近使いはじめたのが、メイクアップ用のブラシで世界的に知られる広島県の筆メーカー、白鳳堂の画相筆だ。もともと井上は道具に対するこだわりが薄く、あるものを使う、ダメならダメなりに我慢して描く、というスタンス。同じメーカーの同じ種類の筆であっても「個本差」が激しいため、通堂筆1本あたり10枚程度作画できるところを、質の悪い筆は1コマで新しい筆に取り替えることでしのいできた。ところが知人に紹介されて手に取った白鳳堂の画相筆は、いいクルマに乗った時の疲れ方が違うように、ストレスなく描ける。1本当たりの作画枚数も20枚近くと、効率がいい。展覧会前の修羅場に投入することができてよかった、と井上。和紙を張った大型のボードには刷毛や太い筆に墨汁で描いているが、ケント紙には墨汁より黒が濃く強く、無光沢で耐水性に富んだ〈開明〉のレタリング用インクを使っている。アシスタントが筆を使うことはなく、背景などペンで処理する作業のみ。  ...

Read more...

BRUTUS Special Issue – Inoue Takehiko #1

BRUTUS #642 - p018

緊急特集 井上雄彦 雑誌 : BRUTUS 642号2008年7月1から ぺんから筆へ、本から美術館へ。剣豪・宮本武蔵の戦いを描いた『バガボンド』で、マンガの枠を押し広げてきた井上雄彦が、物語のクライマックスを前に、東京・上野の森美術館を舞台に仕掛ける『最後のマンガ展』が5月24日、ついに開幕した(7月6日まで)美術館を一冊の本に見立て、ケント紙、和紙を張った大型ボード、漆喰など、素材も大きさもさまざまなキャンバスの上に、一編のストリーが展開される。白地を両断する詳しく鋭い線、煙るように紙へ溶け込んでいく薄墨、かすれ、のたうつ漆黒。筆によって描き出されたそれは、マンガか、最後の日本画か?アメリカでのロングインタビューから未公開コンテ集、全仕事紹介などによって、その創作の全貌を明らかにする緊急特集。井上雄彦―――これが、最後だ。  ...

Read more...

Inoue Takehiko : The LAST Manga Exhibition #1

The Ueno Royal Museum

ผมรู้จักชื่อคุณ Inoue Takehiko ตอนเรียนชั้นมัธยมจากการ์ตูนมังงะ "สแลมดังก์" ซึ่งตอนนั้นแม้แต่โรงเรียนบ้านนอกที่ผมเรียนอยู่ ก็ได้อิทธิพลจากสแลมดังก์ เกิดกระแสฮิตบาสเก็ตบอลกันเป็นบ้าเป็นหลัง สร้างแรงบันดาลให้นักอ่านโดยเฉพาะวัยรุ่น...

Read more...

ความสำคัญของการอ่านกับการศึกษา

บางส่วนในการเสวนา "ความสำคัญของการอ่านกับปัญหาการศึกษาไทย" โดย อาจารย์นิธิ เอียวศรีวงศ์ คัดลอกมาจาก www.thaingo.org อาจารย์นิธิ เอียวศรีวงศ์ : "ความสำคัญของการอ่านกับการศึกษา" ขอสรุปว่า รู้กันดีอยู่แล้วทุกคน ว่าระบบการศึกษาของไทยนั้นไม่ค่อยได้สนใจและไม่ได้มีการส่งเสริมเรื่องการอ่านเท่าใดนัก...

Read more...

090909

9 ? ๙ 09.09.09 09:09 (JST)

Read more...